2011年11月22日

【裏メニュー】ゴボウとししとうのカレー

一部のゴボウファンの皆様おまたせしました♪

先月は入荷しませんでしたが、今月は無事入荷しました。
良質のゴボウがモリモリゴロンと入った「ゴボウとししとうのカレー」です。

ゴボウとししとうのカレー

今回は北インド風チキンカレーをベースに、ゴボウとししとうでアレンジ。
食物繊維タップリです♪

夜限定の裏メニューです。
店内のどこにも書いてないので、スタッフまでお申し付け下さい。
数量限定ですのでお早めに♪


posted by ドゥニヤ at 18:22| 裏メニュー&食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

唐辛子のひみつ

唐辛子

実は私も最近まで知らなかったんですが、唐辛子の辛味成分カプサイシンは、種子がくっついてる胎座(たいざ)というところに多く含まれているんだそうですね。

果皮にも辛味は含まれますが、胎座ほど多くないんだとか。
だから胎座を取り除けば辛味が和らぐんだそうで。

胎座を取り除いてみた

取り除いて刻むとこんな感じ。もう、見た目ピーマンですね。
確かに辛味はかなり和らぎます。でもやっぱり胎座つきの方が刺激的でいいなぁ。

ちなみに乾燥唐辛子は乾燥の過程で辛味が種子や果皮に移っちゃうそうなので、胎座を取り除いても生のものより辛いそうです。


さて、このところ唐辛子ネタが続いてますが、裏食材の
「スペインのししとう ピミエントス・デ・パドロン」
「長くて辛い唐辛子 ピノッキオズ・ノーズ」
いずれも売り切れました。

いまある裏食材(もう裏唐辛子と言ったほうがいいかな^^;)は、

「フィッシュホットペッパー」です。

唐辛子

模様がなんとも美しい唐辛子です。
辛いですが、ピノッキオズ・ノーズ程は辛くないです。
これは輪切りにして炒め、カレーに加えます♪
夜だけの裏食材です。スタッフまでお申し付け下さい。

ラベル:唐辛子
posted by ドゥニヤ at 00:26| 裏メニュー&食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

本日の裏食材は長くて辛い唐辛子「ピノッキオズ・ノーズ」です♪ あるしこね。

ピノッキオズ・ノーズ

名前の通り、ピノキオの鼻のように長い唐辛子、ピノッキオズ・ノーズ。
フレッシュな香りと辛味のバランスが丁度いい唐辛子ですね。
カレーにちょっとずつ入れながら食べると美味です。
刻んでお出しします。

今回は時期が終わりのものなのでカレーのお値段そのままでお付けします。
メニューには載っていない裏食材ですので、スタッフまでこっそりとお申し付け下さい。

「ピノキオのアレ」とか言っていただければ伝わると思います。

「えっ?」とか聞いちゃったらゴメンナサイ。
あるしこ。早い者勝ちですよ〜。

posted by ドゥニヤ at 17:43| 裏メニュー&食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

【お詫び】タイの獅子唐がタイじゃなかった件

えーーーーーー今更いいにくいのですが……

ずっと原産地はタイだタイだと思っていた激辛獅子唐(産地は日本)ですが…





実はタイじゃありませんでしたっ!!m(_ _)m





私:この前のタイのししとうさぁ…

スタッフ:あれスペインのししとうばい。

私:えっ?

ス:えっ?


どこでどうタイと聞き違えたか、辛い=タイとでも思ったのか、とにかく申し訳ございませんでした。
いずれにしても、タイ産とかスペイン産とかではなく、栽培したのは日本でございます。
いろんな方にネタにしていただきましたが、間違っておりました…。

正確には、

スペイン ガリシア地方の伝統品種で、その名も
「ピミエントス・デ・パドロン」

だそうです。
こんなに長い名前、
「オルケスタ・デ・ラ・ルス」ぐらいしか知りませんよ。

タイのししとうがタイじゃなかった件


ちなみにGoogle先生によると「ピミエントス」はピーマンって意味だそうで。
だから甘いかと思ったらそんなことはなくて、タイ出身と間違うほどに辛いんですよね^^;

唐辛子の辛さの単位(カプサイシンの量)を「スコビル(スコヴィル値:Scoville scale)」というんですが、
コイツの戦闘力は1,000〜12,000スコビル。

ピーマン・・・・・・・・・・0
タバスコ・グリーンペッパー・600〜1,200
ハラペーニョ・・・・・・・・2,500〜8,000
ピミエントス・デ・パドロン・1,000〜12,000
一般的な催涙スプレー・・・・15,000〜90,000
ハバネロ・・・・・・・・・・100,000〜350,000
ブート・ジョロキア・・・・・1,001,304

パドロンめ、なかなか振れ幅ありますね。
戦闘能力を押さえた1,000あたりでタバスコのグリーンペッパーソースぐらい。コイツがひとたび戦闘能力を解放すると弱めの催涙スプレーに匹敵するぐらいの辛さになるわけですね。
もっとも、スナック菓子でお馴染みのハバネロとかジョロキアは戦闘能力がフリーザ並に桁違いなので、確かに唐辛子界の中では甘味種といえば甘味種。ししとうがらしと呼べないこともないかなぁ。

ジョロキアがだいたいフリーザ第二形態ぐらいだとすると、パドロンはサイバイマン〜フリーザにやられる直前のクリリンぐらいの戦闘能力ですね。

そういうわけで、今後は タイのししとう スペインのししとうとして、収穫が終わる(or売り切れ)までご用意しております。
相変わらず辛いですので、裏食材として「夜のみ」お出しします。

裏食材はほとんどのカレーの具材としてお出しできます。
ピーマンの代わりに、とか、ちょっと追加して、とかご要望に応じてアレンジいたしますが、辛いです。ノークレーム・ノーリターンでお願いいたします。m(_ _)m
posted by ドゥニヤ at 01:52| 裏メニュー&食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

【裏食材】ししとう有りマス。

スタッフの畑で、今年最後のししとうが採れました。
今日から「裏食材」としてお出ししてます(夜だけ)。
カレーはモスリムカレー以外のカレーに入れることができます。
お値段そのまま。ただし、量が少ないのであるしこです。

カレーにししとう、合うんだなぁこれが。
オススメは北インド風野菜カレーかココナッツ野菜カレーですね♪

ご注文時にスタッフまで声をおかけください。

ししとう
ラベル:ししとう
posted by ドゥニヤ at 22:21| 裏メニュー&食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。