2013年03月08日

ショコラティエ・ドゥ・ニヤ

別の仕事でレーザーカッターやら3Dプリンタを調べてて、ドゥニヤのスイーツ用ステンシル型ができるんじゃないかなーと思ってラフを描いてて思いついた、「カレー型チョコ」。

カレー型チョコ
カレー型チョコ


既にレーザーカッターも3Dプリンタも関係ないけど、コレはいける!と思って実験。






カレー型チョコ




………思ってたんと違う……


お皿はホワイトチョコ、
カレーはビターチョコ、
具材はナッツ、
ライスはポン菓子、
福神漬はカラーゼリー。

まるで食品サンプルのミニチュアのような、ドールハウスの小物のような、ミニマルな世界が出来上がるはずだった。だったんだけど、量とか作るタイミングとかデタラメすぎた。
始めてのテンパリングはうまく行ったけど、仕上がりのコレじゃない感が凄まじすぎる…

一番の敗因は、お皿を固めてからライスとカレーの盛り付けをしなかったこと。
ホワイトチョコが固まらないうちにビターチョコを流し込んだらみるみる融合。

ポン菓子も、せっかくだからカルダモン風味にしようと、カルダモン水にグラニュー糖を加えて煮詰め、ポン菓子に絡めようとしたらちょっと水分が多かったみたいで、一部変色&萎んで何が何やら…

辛いものを作るのは得意なんだけど、スイーツは本当に苦手。
センスなさすぎにもほどがある。

このあと、スタッフが美味しくいただきました。(無理やり食べさせた)

くそぅ。次はもうちょっと上手く作る。


posted by ドゥニヤ at 23:01| 実験君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。