2013年01月07日

1/7は七(香)草

毎年このネタやってる気がしますが、今日は七草ですね。
はい七草といえばもうお馴染みですね。

クミン、コリアンダー、ターメリック、ローリエ、カルダモン、カシア、クローブ

ですよね。
ドゥニヤのカレーには春夏秋冬つまりオールシーズンでこれらの七(香)草が入ってます。
お正月に暴飲暴食しちゃった方は七草粥でお腹を休めつつデトックス、だと思うんですが、ウチの七(香)草も同様の効果が期待できるんじゃなかろうかと思っています。

ざっとよく言われているスパイスの働きをあげてみると…

  1. クミン〜下痢、お腹の張り、消化不良
  2. コリアンダー〜頭痛、消化不良
  3. ターメリック〜強壮、肝臓
  4. ローリエ〜腎臓、肝臓
  5. カルダモン〜お腹の張り、胃痛
  6. カシア(シナモン)〜下痢、吐き気、お腹の張り、強壮
  7. クローブ〜防腐、鎮痛

ほらもう、覿面効きそうな感じがするでしょ。

「えーーーカレーってお腹に重いじゃん」

というそこの貴方。
重いのは主に「油脂」のせいではないかと思われます。
固形ルゥで作るご家庭のカレーは、ルゥに油脂がたくさん使われています。これがドッシリとしたコクや深みにつながるんですが、確かにお腹が疲れてる時にはちょっと…となりますね。

がしかし!ドゥニヤのカレーなら無問題!
油脂は極力控えめ。サラリとスープ状の北インド風チキンカレーならお腹にもたれることなくスパイスを摂ることができます。
年越し&新春マサラセット2012(限定20セット)


でも実際には七種類だけじゃなくて他にも入ってます。
例えば…

  • ブラックペッパー〜お腹の張り、利尿
  • ニンニク〜コレステロール、動脈硬化、肝臓、高血圧
  • 生姜〜健胃、消化促進、解毒、血液循環
  • 唐辛子〜炭水化物の消化促進

とかですね。
油脂と唐辛子の量に気をつければ、カレー自体はかなり体に優しい食べ物なんですよ。
だから、「おせちもイイけどカレーもね♪」はあながち間違いじゃない。

というわけで、七草粥以上にたっぷりスパイスの効いた、お腹に優しいカレーをご用意してお待ちしております(^^)




posted by ドゥニヤ at 17:25| 厨にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。