2012年11月27日

いマサラ旅行記108:恐怖のジャグワリー

英語力ゼロで旅行嫌いの店長ミサワが初海外!2007年2月、1ヶ月間のインド一人旅!そんなスパイシーでマサラテイストな旅の記録を今さらほじくり返す、題して「いマサラ旅行記」。

前回の続き

インド ベンガル州コルカタ市内、サトシと袋屋へ

サトシと私は、袋屋を目指しています。
とにかくさっさとこの荷物を袋に入れてまとめたい…
サトシの「あと少し」がどれくらい「あと少し」なのか不安です…

サトシ:あ、ちょっと待って!
私:な、なになに!

サ:これこれ。これ見てみぃ。
私:何これ?

サ:ジャグワリーや。

ジャグワリー売りのおっさん

プリンのような形をした茶色い固形物、ジャグワリー(サトシ談)。
地べたに置かれた平ザルに新聞紙をひいて無造作にゴロゴロと、道ばたで量り売りしています。

私:ねぇ、ジャグワリーってなに?
サ:砂糖とココナッツを固めたものや。おやつに食べたり、チャイに入れたりするんや。うちのカミさんはこれでチャイをつくってくれるんや。ウマイで。

私:へぇ。そんなんがあるんか。

ジャグワリー売りのおっさん
ジャグワリー売りのおっちゃん、時々ザルの上に手をかざしてフリフリとやってます。
手をフリフリするたび、ジャグワリーの周りに黒いツブツブが散ります。


…黒いツブツブ……

ジャグワリーからツブツブが散り、またジャグワリーに集まっていく……


そう、

お  び  た  だ  し  い  量  の  ハ  エ


表面にびっしりと、ハエがたかっています。
ハエを追い払ってもまたすぐたかる……。


私:ねぇ、こ、これ、は、ハエが……
サ:ん?おいしいで。

私:ぃゃ、は、ハエ…
サ:試食もらったる。

私:ぃゃ…
サ:ほら。くうてみ。


…と、渡されたジャグワリーのカケラ。
さっきまで、ハエがびっしりたかっていたカケラ。
あれだけ長時間たかっていたら、もはや「ほぼハエと同化してる」と見ていいんじゃないだろうか。
いつからたかっていたのか…産卵されたりしていないだろうか。
絶対腹壊しそう……

サ:ほら。くうてみ。
私:ぅ、ぅん……

……まぁ、これも経験ですからねぇ。
意を決して、口に含んでみます……


コリッ、コリッ、カリッ、カリッ、ジャリッ、ジャリッ、シャリッ、シャリッ…


……激 甘 ぁぁぁぁぁぁぁぁ

ざらざらした食感と共に、強烈な甘味が口の中に広がっていきます。
ただでさえ喉が渇いているのに、余計に喉が乾いてきた…

………腹、大丈夫かなぁ………


ラベル:インド
posted by ドゥニヤ at 17:35| いマサラ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。