2012年11月13日

医食同源占星術

※全て今朝見た夢の話

「食」を追求していくと「医食同源」に行き着く。

・滋養豊富な旬の食材
・食物の食べ合わせ
・栄養成分が心身にもたらす効果
・愛のこもった手料理
・心に刻まれた「家庭の味」
・家族や気心のしれた仲間と囲む食卓

普通に考えても体に良いのは納得。
カレーなんかだと、スパイスの効能を考えて調合したり、家族の体調を見ながら配合を変えたりする家庭もインドにはあるそうですね。

さて、この医食同源をさらに突き詰めていくと「占星術」につながるそうで。

占星術も元々は古代における天文学のようなもの。
星の運行が自然環境に影響を与え、自然の一部である我々の精神や肉体にも影響を与える。
だから、自然(食物)を肉体に取り込むには個々の健康状態と合わせて、星の運行も加味して食材や調理法を吟味しなければならない、とかなんとか。そういうことかもしれない。

占星術にしろ、医学にしろ、もともとは「この世は、私たちは一体なんなのか?」 というシンプルな疑問からスタートして次第に細分化していった末に出来上がったものなので、まぁ、食に星の動きを重ねて、違った視点で日常を見てみるのも面白いかもですね。

居酒屋でそういう話を聞いてる、という夢を見たんですが、肝心の「どうして医食同源と占星術がつながるのか」を聞こうとしたところで目が覚めちゃったので本当のところはどうなのかわかりませんけどねー。

続きが見られたら聞いておきますw

そんな貴方のラッキーアイテムはカレー。
福岡地方、今朝から時折強い雨に見舞われております。そういう星回りなんでしょうか。
カレーを食べる人が増えればこの星回りは回避できるかもしれないしできないかもしれない。信じるか信じないかはあなた次第。


でも、

カレーを食べない人は地獄に堕ちるわよ!

(あれは四柱なんとかか…)


posted by ドゥニヤ at 17:50| あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。