2012年07月02日

いマサラ旅行記103:世にも珍しい○○○

英語力ゼロで旅行嫌いの店長ミサワが初海外!2007年2月、1ヶ月間のインド一人旅!そんなスパイシーでマサラテイストな旅の記録を今さらほじくり返す、題して「いマサラ旅行記」。

前回の続き

インド ベンガル州コルカタ市内、サトシとスパイスマーケットにて5


サトシとスパイスマーケットにて。
無事に(?)カルダモン、ターメリック、黒岩塩、砂糖の結晶をゲット。
あとは、カシアを探します。


サトシ:あとはどないする?
私:あとは…カシア!


ちなみに、カシアとは日本でいう「桂皮(けいひ)」もしくは「肉桂(にっけい、ニッキ)」のこと。
シナモンに非常に近い仲間で、シナモンに比べて野性味があるギリリとした刺激のある香りです。シナモンのほうはもっと繊細でお上品な香り。
いずれも主成分は同じでも、微妙のバランスの差でずいぶんと方向性の違う香りです。
「シナモン臭」と一言ではくくれないほどの違いがあります。

いずれも、樹皮を剥いで、くるくると丸めて乾燥させた物です。
ただ、カシアの方が樹皮が厚いので、シナモンのように細く巻けません。

シナモンは「シナモンスティック」として日本でも売られていますが、非常に高価。
ドゥニヤでは煮出したり、オイルで炒めたりするので、香りが華奢で繊細なシナモンより力強いカシアを使っています。

日本で手にはいるカシアスティックは、長くても5センチ程度に割られた物。もっと長いものがあれば是非見てみたい。


サ:ほな、もとの道をもどりながら探そか。
私:そうやね。


あの店もこの店も、カシアがあるにはあるがどれもポキポキと短く割られた物ばかり。
まぁその方が量りやすいし、使う方もどうせ割るんだから楽なんですよねぇ。


サ:あらへんで。
私:まぁそういわずに。もうちょっと探そうや。



ありました。
スパイスマーケットの入り口付近のお店にありました。
ちなみに、前回スパイスを購入したおっちゃんの店はマーケットの終端付近。
歩いた歩いた。

ながーいカシアスティックが無造作に段ボール箱に詰められています。

image-20120702184929.png

すかさず購入!

image-20120702185038.png


…そうして、この世にも珍しいカシアスティック(ロング)はディスプレイ用として長いことお店においてたんですが、言われなければ「ただの汚い木の皮」にしか見えないのであまり触れられることもなく。。。
この前泣く泣く撤去しました…(T . T)


posted by ドゥニヤ at 18:47| いマサラ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。