2012年03月08日

夜中に新しいiPadが発表され、ついでにiOS5.1がリリースされました。
これにより、iPhone4Sではようやく音声認識のバーチャルアシスタントアプリのSiri(シリ)が日本語に対応しました。
思ったより早かったですね。

で、早速やってみましたよ、「ドゥニヤ」。

人間様でさえ、

・ドゥニャ
・ドーニャ
・ドウニャ
・どーな
・づにや
・ドゥンガドゥンガ

と間違えられることが多いんですが(実話)、さてどれぐらいいけるでしょうかね。
iPhoneのホームボタンを長押し。

\ポポン♪/

と軽快な音と共にSiriの音声入力画面に。


私:カレーショップ ドゥニヤ

もしくは

私:ドゥニヤ

と流暢な日本語で発音。



ぐるぐるぐるぐる……(検索中)



\ピピン♪/


尻画像

4回試して撃沈……orz

…なんだよカレーショップ十二夜って…どことなく淫靡な響きですよね…。
深夜12時オープンのカレー屋ですね。風営法大丈夫かいな。


これからどんどん精度は上がっていくそうですけど、「ドゥ」とか難しそうですね。ドゥニヤなんて一般的な日本語の会話では使いませんから、なかなかインデックス化されなさそう。。。


ちなみに言いにくいつながりで「きゃりーぱみゅぱみゅ」もやってみましたよ。


私:きゃりーぱみゅぱみゅ


\ピピン♪/

尻画像

こっちのほうが破壊力ありますねw
チャーリーカミカミ とか かめかめ とか 神々 とか、もうわざとやってんじゃないのかと思えてきますねw


これから、もしこういう音声入力が一般的になるスター・トレックみたいな時代になっちゃうと、ネーミングももっと気を付けないといけなくなりますねぇ。。。全てが音声入力になるわけじゃないでしょうけど、一番手っ取り早い情報へのアクセス方法として音声入力が発達していくと、早口言葉みたいな商品名とか長い名前とか読みづらい名前なんかは嫌われそうですね。そう、ドゥニヤとか。。。


近未来、ドゥニヤが生き残れる可能性はあるのでしょうか(;´Д`)


ラベル:iPhone
posted by ドゥニヤ at 23:17| あれやこれや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。