2009年03月19日

チキンティッカ

チキンティッカチキンティッカの「ティッカ」とは、ヒンズー語で「一口大の」という意味。本来は、タンドリーチキンを一口大にカットして食べやすくしたものらしいです。
ただ当店ではタンドリーチキンを焼く窯(タンドリーorタンドーリ)がないので、最初から一口大に切った鶏肉をスパイスヨーグルトに漬け込んでから香ばしく焼き上げています。
これも、インド的レシピなら肉の周りのヨーグルトをキレイに落としてから焼くようですね。ただ私はそのレシピだと肉質がパサパサになってしまうと思うので、ヨーグルトをたっぷりつけたまま焼き上げます。
焼き上がる過程でヨーグルトが濃縮されて、濃厚でグレービーなスパイスソースとして周りに香ばしく絡みます。
お酒に良し、カレーと一緒に食べるも良し。本当にオススメですよ。


posted by ドゥニヤ at 23:58| Comment(0) | 厨にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。