2012年01月23日

玄米麺使用、タイ風ココナッツカレー麺

ココナッツカレー麺

山口の木村さんから送っていただいた玄米麺。
玄米粉、米粉、じゃがいもでんぷんで作った平麺です。

米粉麺といえば中華圏やその影響を受けた東南アジア一帯で見られる「河粉」が有名です。
日本でもよく知られてる「ビーフン」や「フォー」なんかがそうですね。

私がタイで食べたクイティアオは薄味のあっさりしたスープに麺、そしてトッピングの鶏肉など具材を選んで、テーブルに置かれた唐辛子、酢、砂糖、塩で好みの味付けにカスタマイズして食べるというのが定番でした。
ベトナムのフォーをはじめ、米粉麺の多くはあっさりしたスープでサラリといただくのが王道のようです。

ココナッツカレー麺

が、そこはドゥニヤ。
王道まる無視で、裏メニューのタイ風ココナッツチキンカレーとあわせてみました。
以前、ココナッツカレー麺を裏メニューでやりましたが、あの時はちゃんぽん麺。カレーもタイ風ではなくレギュラーメニューのココナッツ野菜カレーでした。

いいですね♪すごくいい♪

もっちりした玄米麺とバイマックルーの香りが効いたタイ風ココナッツチキンカレーが良く絡みます。
これは予想通り。ドンピシャの組み合わせですね。
残念ながら麺の在庫がないのと、乾麺な為ドゥニヤの設備ではなかなかお出しできないんですよねぇ。しばらくはまかない限定です^^;

玄米麺、百姓・木村さんのサイトから購入できます♪

■Yahooショッピング
http://store.shopping.yahoo.co.jp/yamaguchikirara/c9b4c0aba1.html

■楽天市場
http://item.rakuten.co.jp/yamaguchikirara/c/0000000127/



posted by ドゥニヤ at 19:41| 実験君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

ゴボウもりもり北インド風チキンカレー

ゴボウもりもり北インド風チキンカレー

さてさて、毎月恒例のゴボウが入荷しました♪

今回も
ゴボウもりもり北インド風チキンカレー
としてお出しします(^^)

ゴボウはじめ根菜類とスパイスは本当によく合います。
カレー+ゴボウというとピンと来ないかもしれませんが、きんぴらごぼうだって唐辛子を少し入れると美味しいでしょ?
あれって日本式「ゴボウのサブジ」じゃなかろうかと勝手に妄想してるんですが、そこから更にカレーに展開してみました。
あ、でも甘辛くはないですよ^^; ちゃんとカレーです。

大きく切ったゴボウがゴロンゴロンと入ってます。
顎を鍛えてからお召し上がり下さいませ♪

本日より裏メニュー(店内黒板に小さく書いてます)として登場です。
例によってあるしこですよ♪
posted by ドゥニヤ at 18:00| 裏メニュー&食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

いマサラ旅行記93:Bus Death 爆発

英語力ゼロで旅行嫌いの店長ミサワが初海外!2007年2月、1ヶ月間のインド一人旅!そんなスパイシーでマサラテイストな旅の記録を今さらほじくり返す、題して「いマサラ旅行記」。

前回の続き

インド ベンガル州コルカタ市内、サトシと外国人専用鉄道予約センターにて

鉄道予約センターで2時間待ちの挙げ句、ようやく順番がまわってくるも、2枚目のチケット(プリー→チェンナイ)が希望日ではとれず。
とれないばかりか、プリー→チェンナイ直通便は存在しないとのこと。隣町のブバネーシュワル→チェンナイ便ならある。
しかし隣町まではバスがいいんじゃないの?というサトシ。
いやいや。バスは論外。Bus(バス)=Death(デス)。隣町も鉄道でどうかひとつ。


私:いやいや、そこは鉄道でひとつ。プリー→ブバネーシュワルを。
サトシ:ほなな、この新しい用紙にまた記入して……

私:何いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!もう2時間待ったんだけど、これでまた1〜2時間待てっての?
サ:オレはどっちでもええで。


いやそりゃアンタはそうでしょうよ。この2時間待機の間にもサトシのガイド料は発生しているわけで。隣町までのそう高くないチケットを取るために、チケット代以上のガイド代を払って待ちぼうけってのもなんだかなぁ。


私:………バスでぃぃ…(ぼそり)
サ:よっしゃ。決まり。


コルカタを2/11の夜に発ち、プリーに翌朝到着予定。8時間の夜行列車です。
まぁ初戦としてはこのくらいが妥当でしょう。

問題は2/16のブバネーシュワルからチェンナイ。
プリーからブバネーシュワルへのバス移動も問題ですが、もっと大きな問題は鉄道の方。

乗車時間が約27時間。

何度計算しても怒濤の27時間



ジャックバウワーでさえ手持ち無沙汰になるぐらいの時間。
くそぅインドめ。どんだけ広いのかと。


私が旅行嫌いの原因の一つが「移動時間の長さ」

「ローカル線で各駅停車のぶらり旅」なんて考えられません。
財布さえ許せば、各駅停車より特急、特急より新幹線、新幹線より飛行機、飛行機よりどこでもドア、というぐらい、長時間乗り物で移動するのが大嫌い。
子供の頃に乗り物酔いがひどかったせいでしょうね。

実家は宮崎の山奥でしたから、家族でレジャーに行くにしても、スタートで既に山道。
出発して3分で蛇行する山道にノックアウトです。1ラウンドも持ちません。
そんな調子ですから、バス遠足も修学旅行もいやでいやで仕方なかった。

みんなで歌を歌い出すより早く、
パーティーゲームが始まるよりはやく、
「いいですかー。家に帰るまでが遠足ですよー」と、先生の「今日の注意事項」が発表されるより早く、
おやつタイムよりもはやく、
ガイドさんの自己紹介が始まるよりはやく、
顔面蒼白で右手にはポリ袋常備ですからね。楽しくないったらありゃしない。

今ではそんな事ありませんけども、三つ子の魂百までですね。

えーと何の話でしたっけ?ああそう。移動時間。

8時間はまぁひたすら寝れば済みますけど、27時間て、いくらなんでもそんだけ狭いベッドに寝続けるなんて無理。
まぁ1日絶食ぐらいはいいけど、水は飲むし、トイレにも行くだろうし…。
とにかく、極力ベッドから降りずに済む方向で頑張ろう…。


いマサラ旅行記バックナンバーはこちら
ラベル:インド
posted by ドゥニヤ at 18:13| いマサラ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。